収集運搬業許可

産業廃棄物の種類とは


  産業廃棄物とは、事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、木くず、汚泥などの
  20種類の廃棄物と輸入された廃棄物です。(航行廃棄物及び携行廃棄物を除く。)


  例えば、建設現場から発生する木くず、現場を放水する際に発生する汚泥
  これらは、事業活動によって生じた廃棄物として『産業廃棄物』と定義されます。


  また、産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性などの人の健康や生活環境に被害を生ずる
  おそれがあるものを、『特別管理産業廃棄物』として分類しています。


  上記のような性質のため、特別管理産業廃棄物の取り扱いには格別の注意が必要であり
  その処理方法などが厳しく定められています。


  なお、一般家庭から排出されるゴミを産業廃棄物以外の廃棄物と総称して
  『一般廃棄物』と呼ばれています。


▲ページトップに戻る


お問い合わせについて

収集運搬業許可ならリンクス行政書士事務所